日本農学アカデミーのホームページへようこそ

日本農学アカデミーは

1 農学徒の英知を結集し、農学の学術的ならびに社会的な役割と責務について産官学を横断した大所高所から分析、検討して、日本と世界の農学に関する学術体制や科学政策のあり方についての提言をまとめ、広く社会に公表する。
2 既存の専門分野に立脚しながらも、これにとらわれることなく未来志向の視点から農学と関連分野の研究や教育のあり方について多元的、総合的に審議し、もって社会が当面している地球規模の諸課題や人類史的な課題を解決する学術と科学技術政策を立案する。
3 日本学術会議会員、農学系の大学長、学部長等、国立試験研究機関の長等の現職および経験者等を会員とする。

シンポジウム「ウイルスとたたかう農畜水産」

令和2年11月7日(土)に、公開シンポジウム「ウイルスとたたかう農畜水産」を開催しました。
■シンポジウムの詳細はこちら

「日本学術会議第25期新規会員任命に関する要望書を支持する声明」発出(令和2年10月15日掲載)

日本農学アカデミー理事会は、一般社団法人日本農学会理事会、公益財団法人農学会理事会と共同で、「日本学術会議第25期新規会員任命に関する要望書を支持する声明」を発出しました。
■声明の内容はこちら
(参考)日本学術会議第25期新規会員任命に関する要望書(外部リンク)

第11期日本農学アカデミーがスタート(令和2年8月3日掲載)

第23回総会が書面審議にて行われ、大政謙次会員が第11期会長に選出されました。
■第11期役員名簿はこちら

会報第33号を発行(令和2年6月1日掲載)

会報第33号を発行しました。
 執筆者:澁澤 栄/南石晃明/髙木強治/鬼塚健一郎/原田久富美
■会報の詳細はこちら

シンポジウム「家族経営農家の飽くなき挑戦と地域創生」

令和2年3月7日(土)に予定していました、公開シンポジウム「家族経営農家の飽くなき挑戦と地域創生」は、令和3年3月に開催延期となりました。(令和2年4月7日掲載)
■シンポジウムの詳細はこちら

↑ PAGE TOP