日本農学アカデミーのホームページへようこそ

日本農学アカデミーは

1 農学徒の英知を結集し、農学の学術的ならびに社会的な役割と責務について産官学を横断した大所高所から分析、検討して、日本と世界の農学に関する学術体制や科学政策のあり方についての提言をまとめ、広く社会に公表する。
2 既存の専門分野に立脚しながらも、これにとらわれることなく未来志向の視点から農学と関連分野の研究や教育のあり方について多元的、総合的に審議し、もって社会が当面している地球規模の諸課題や人類史的な課題を解決する学術と科学技術政策を立案する。
3 日本学術会議会員、農学系の大学長、学部長等、国立試験研究機関の長等の現職および経験者等を会員とする。

【開催終了】シンポジウム「自然からの災害に備える」

平成31年3月9日(土)に、シンポジウム「自然からの災害に備える」を開催しました。
■シンポジウムの詳細はこちら

会報第30号を発行(平成30年12月1日掲載)

会報第30号を発行しました。
 執筆者:大政謙次/丹下 健/久間和生/塩谷 繁/白谷栄作/永井和夫/谷口 旭/武内和彦
■会報の詳細はこちら

【開催終了】シンポジウム「水産養殖研究の最前線―持続可能な養殖業を目指して―」

平成30年11月3日(土)に、シンポジウム「水産養殖研究の最前線 ―持続可能な養殖業を目指して―」を開催しました。
■シンポジウムの詳細はこちら

第10期日本農学アカデミーがスタート(平成30年7月23日掲載)

平成30年7月21日に第21回総会が開催され、大政謙次会員が第10期会長に選出されました。
■第10期役員名簿はこちら

↑ PAGE TOP